鎖国日記

冷え切った場所へ逃げて引きこもりたい93年生まれ

聲の形(ネタバレ注意)

f:id:mon9292:20160927193958j:image

映画「聲の形」を観に行ってきました。

西宮硝子ちゃんがひたすらかわいい作品…というわけではなく、虐めなど中々にエグいシーンもあったりしました。観に行く前に原作1巻のみ読んで、ある程度背景を理解してから観たお陰か幾分かはマシでしたけど。

あとは原作を読んで補完しないと理解できなさそう、な気がした。

以下ネタバレ含みながら感想を。

 

・結構原作端折ってる?

序盤、小学生時代のシーンでは最初は西宮さんへの、途中からはカースト最下層に転落した石田への虐めのシーンが描かかれているが(原作1巻部分)、かなり端折られててその先のシーンもそうなのではないか?と感じた。個人的には小学生時代が観るの辛いと思っていたので、助かった。

 

・登場人物について

これ程までに登場人物が全員クズなのも珍しい気がした。まともなのは西宮祖母くらい?

かわいいのは間違いなく西宮さんだけど理解するのは難しい。逆に汚れ役だけど入り込めそうなのが植野さん。川井さんは…子供側で1番観ててムカつく人物だけど、自分ではあれが正しいと思ってそうだから質が悪い。佐原さんは再会した西宮さんへのお触りの印象が強すぎた。

高校で出会う男2人(長束くんともう1人名前忘れた)はそこまで問題ではなさそう(映画では描かれてないだけかもしれないが)。

出てくる大人も総じて糞だけど、西宮母とか、ほんの少しだけ実はこうなんだ、というシーンがあっただけ良かった。その辺も含めて人間クズなのが普通だよ位のメッセージを感じた。非常にありがたいメッセージである(開き直り)。

原作は個々の登場人物をもう少し書いてあるらしいので、読んだらまた変わるかもしれない。

 

・大垣

f:id:mon9292:20160927230051j:image

行ったことあるけど水路以外に特に何もないザ・地方都市だった(失礼)。

偏見かもしれないが、地方都市は小さい頃のカーストがそのまま大きくなっても存在してるような気がするので、そんな空気を作品からも感じた。

電車で1時間くらいだし気が向いたら行きたい。

 

その他

西宮硝子ちゃん。ポスター見たときは石田と共に京アニっぽくないかな(結弦くんや植野さんの方が京アニっぽい)、と思ったけど。

ロングヘアで耳を隠してたのをポニテにして耳を出すシーンは特に決意が見えた。数少ない感情が見えたシーンだと思った。でもあの下ろしたときのふわっとした髪の毛の方がすき。

 

似たテーマの作品に、有川浩の「レインツリーの国」があるので(映画化もされてますが原作の方がいいと思います)読めば西宮視点も少しは理解できるかもしれないです。

 

原作全部読んだ上でもう一度観たいな。あと久しぶりに蟹が食べたい。