鎖国日記

冷え切った場所へ逃げて引きこもりたい93年生まれ

交流戦を振り返る

f:id:mon9292:20170619235550j:image

6/17 土 女子大生なのでナゴヤドームのGIRL’S SERIESに行ってきました。

f:id:mon9292:20170619235720j:imagef:id:mon9292:20170619235734j:image

試合は中日がうまく逃げ切って連敗を3で止めました。ヒーローは勝ち投手バルデスおじさんと、ベースに当たってラッキーツーベースの木下捕手。ヒーローインタビューのアナがいつもと違って女子アナだった。

f:id:mon9292:20170619235913j:image

応援ボードは出番無しの遠藤。同行者は平田でした。

 

交流戦は本日で全球団が日程を終えましたが、3年連続でホークスが優勝です。最後のカープとの直接対決は日本シリーズの前哨戦の様にも感じました。

ホークスのここ5年の交流戦の成績を見ると優勝4回2位が1回と一強状態ですね。大型戦力はエンジンが掛かるのが遅いと言われますが、ちょうど交流戦頃にホークスもエンジンが掛かるのかもしれません。

2位カープは2年連続交流戦で大きく勝ち越し、緒方監督になってからは交流戦の苦手を克服した様に思います。セではやはり一枚上手の様に感じるので、今後戦力差がジワジワ効いてくる時期だと思います。何とか独走だけはさせない様にしてほしいです。

中日は9勝9敗の5割で8位。東京の2チームが負け続ける中で最下位を脱出し、3位も見える位置まで浮上しました。最初にホークス→楽天の鬼畜日程だった割に勝てた印象ですが物足りなさも感じる成績といったところ。オリ戦とか日ハム戦とか、勝てる試合を結構落としたのが痛かったです。とはいえ、柳にもプロ初勝利が付いて鈴木や又吉、小笠原と併せて投手陣はかなり揃ってきたと思います。打線も京田ゲレーロが大当たり、大島も好調キープしています。調子が上がってきた平田の負傷が気掛かりですが… リーグ戦に向けて軽傷であることを祈ります。

ところで過去2年はセ・リーグパ・リーグに圧倒され、セ・リーグのチームのファンとしては若干寂しい思いもしていました。今年も序盤はパ・リーグが勝ちを挙げる日が続き、今年もダメか…と思いましたが最後の1週間でセ・リーグが大きく挽回し、5割寸前まで持ち直してくれました。今年見る限りセ・リーグが弱いというよりも、パ・リーグにホークスがいること、セ・リーグには今年の巨人ヤクルトの様に毎年交流戦で連敗地獄に嵌るチームがいるだけのような気も… 来年は大きく負け越すチームもなく、たまにはセ・リーグの勝ち越しや中日の交流戦優勝も見たいですね。