鎖国日記

冷え切った場所へ逃げて引きこもりたい93年生まれ

水牛レースと復活劇

秋競馬が始まっています。天皇賞前までの今の所のGⅠは

といった感じです。その他富士Sエアスピネルが楽勝したり、外人騎手への乗り替わりにまたかよとなったり。日本を発つ直前にキタサンブラックの年内引退が発表されました、天皇賞秋→ジャパンカップ有馬記念と走って引退です。自分を再び競馬に興味をもたせてくれた馬であるキタサンブラックの最後の勇姿を、三戦ともキタサンブラックを買って目に焼き付けたいと思います。

さて天皇賞秋。先週の菊花賞に引き続いての大雨により、田んぼレースに。競馬ではなく水牛レースになりました。

キタサンを買うことは決めたものの、宝塚記念の大敗と本番はジャパンカップ有馬記念だろうなあ…という読みで単勝や頭固定ではなくキタサンブラックサトノクラウンからクリンチャーみたく牛みたいな馬を狙って買った訳ですが… ネオリアリズムリアルスティールサトノアラジンは走る前から最初から居ない扱いでした。ここは正しかった。

JRAホームページ|データファイル|競走成績データ

スタートした瞬間、ハァ〜と思わず気の抜けた声が出てしまいましたよ。キタサンブラック出遅れ。毎回綺麗なスタートを決めてきたキタサンブラックが出遅れ。この時点でこのレースは何かが起こる、と確信。

レースが進むにつれていつの間にかキタサンブラックが前に上がってきて最後の直線。グレーターロンドンを吹っ飛ばし先頭に立つキタサンブラックと、やっぱり雨では走るサトノクラウンのマッチレース。先に抜け出してクラウンに迷惑掛けないギリギリの斜行で馬場のマシな所に出したキタサンと粘るサトノクラウンのゴールまで続いた争いに、馬券関係なくキタサンの勝利を願った所がゴール。キタサンブラックがギリギリ残して今年3勝目。春は4角先頭からサトノダイヤモンドに並ばせずにレコード勝ち、秋は田んぼレースをサトノクラウンとの文字通りの泥仕合を逆レコード勝ち。距離も馬場もコースもペースも問わない名馬。あと2戦、両方勝って引退して欲しいと思えてしまう。

 

ところで馬券? 3着のレインボーラインが居ないのでハズレです。牛ばかり探していたので体重が軽すぎて走らないと思ってしまった。

春みたいにキタサンブラック単勝を信じられなくてごめんなさい!!!!!!!3倍で買えるチャンスだったのに!!!!!!あとキタサンがサトノとのマッチレース制するのはこっちこよ!!!!!

 

おわり